HOME > 治療の流れ


1)初診相談

口の中の診査と治療についての相談を行い、治療することに決まった場合、治療方針をたてるための検査をします。

2)精密検査

どうして悪くなったのか、どこがどんなふうに悪いのか、どうしたら良くなるかを知るためには、咬みあわせをくわしく調べなければなりません。そのために、歯の型をとったり、顔やお口の中の写真、頭部のレントゲン写真などをとります。

3)診断

いろいろな検査結果をもとにして、歯ならびの状態、治療計画、治療期間、費用などをお話しします。

4)治療

歯ならびや咬みあわせをなおします。ふつう、1ケ月に1度の来院でだいたい2年前後かかります。1回の治療に必要な時間は、矯正装置を新しく入れたり、新しい装置と入れかえをするときは1時間くらいかかることもありますが、ふつうに器械を調節するだけの場合は15分~30分くらいです。

5)保定

歯ならびや咬みあわせを治した状態を保つ期間です。3~6ケ月に1回、1~2年くらい通っていただきます。
.

HOME > 治療の流れ